TEL 03-3945-1933 10:00~16:00(木・土・日・祝日除く)

仕事と家庭 シナジーを得る働き方? チーム医療時代の経験

「とうちゃん、ちゃんと仕事してる?」

 


チーム医療ラーニングの川辺です。

私は、子供たちからこんなことを言われます。

それは、私の仕事の仕方が固定化していないから。

 

近頃、テレワークが盛んになりました。

でも、私の仕事の仕方は、前からあまり変わっていません。

会社に行く時もあれば、家で仕事をする時もある。

そして、家にいる時は、アイディアを出したり、リフレッシュしたりするために、

公園に行ったり、散歩に行ったりもします。

 

もともと、毎日同じ時間に、同じ場所に行って仕事をする必要ない。

大事なのは、仕事の成果や質。

そのために柔軟で、創造的なやり方のほうが良いと思っていました。

最近、弊社で行っている「新コロSTOPキャンペーン!」も、そんな感じで始めました。

 

そんな仕事の仕方は、家族にとっても都合がよいみたいです。

「宅急便、受け取っておいて!」

「アマゾンで○○を頼んでおいて!」

「子供たちが帰ってきたら昼食の用意をして!」

そんな風に、私は利用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様な働き方は、ある出来事がきっかけで始めたものでした。

 

 

■ あれがなければ、今、どうなっていたのだろう?


ところで、最近、ある本を読みました。

お釈迦様の教えとして「六方拝」というものが書いてありました。

東に向かって、両親・ご先祖様に感謝。

西に向かって、家族に感謝。

という具合に、東、西、南、北、天、地の6つの方角に向かって感謝をするというもの。

「人間は、周りの人たちがいてくれることで、生かされている」

そんな真理が込められているとのこと。

改めて、私も、今の自分があるのは、色々な人のおかげだなと思います。

 

その中の1つ。

「本当に助かった! あれがなければ、今、どうなっていたのだろう?」

そう思う出来事がありました。

それは、今から10年ちょっと前のことです。

 

当時、私は親会社のチーム医療にいました。

もともと、コーチング、NLP、心理学などに興味がありました。

それらの研修を扱う会社ということで入社。

その道の専門家に間近に接することができ、教えも受けました。

そういう意味で、非常にありがたい職場です。

 

ところがです。

そんなハッピーな状況はそう長く続きませんでした。

 

 

■ それは大変なことだ!


なんと、妻が入退院を繰り返すほどの不調に陥ってしまいました。

そのため、妻の対応、幼い子供たちの育児、家の家事を私一人で行うことに・・・

そのためチーム医療の代表である梅本に相談しました。

 

「それは大変なことだ!」

梅本は、家族のことを優先できるように、働き方を柔軟に対応してくれました。

保育園の送り迎えのため、出社時間は遅めになり、退社時間は早めに。

妻の病院に行くために、週に1回は休み。

会社でなく家で仕事する日もありました。

逆に、子供たちを職場に連れてくることもありました。

 

それだけではありません。

本来、土日は、研修があります。

しかし、土日は子供たちの預け先がなく、研修に行けません。

研修を商う会社にいながら、研修の当日に働くことができないのです。

当初は数カ月ぐらいのことだと思っていました。

それが結果的に数年に。

 

 

■ 新コロSTOPキャンペーンはなかったかも・・・


そんな感じで、色々と助けてもらいました。

普通の会社なら、クビになるか、自ら辞めることになっていたでしょう。

そうならば、今の様に、皆さまにこのメールを送ること、「新コロSTOPキャンペーン!」を提供することもなかったでしょう。

 

今、思えば、未就学から小学校前半の可愛い盛りの子ども達と、密な長い時間を過ごせた。

それは、今も今後も、我々親子の関係に非常に重要なものだったと思っています。

男性では、こういった経験をするのはめったにありません。

子育ては、上司として、経営者として、働くうえで貴重な経験になります。

また、会社を通じて学んだ心理やコミュニケーションの知識やスキルは、家族との関係に活用してきました。

同時に、家族との密な関係は、それらの理解や活用にも活かされました。

また、外出して学びの場に出向けない経験が、ネットや通信講座の制作にも役立ちました。

つまり、仕事と家庭の両立ではなく相乗効果です。

 

ぜひ、日本の男性陣にも、積極的に育児・家事に関わって欲しいと思います。

その大変さも理解できるでしょう。

なにより家族と過ごす時間が増える。

是非、テレワークなどの柔軟な働き方がもっと進んで欲しいものです。

 

 

■ 仕事と家庭の相乗効果が出るように!


今、チーム医療ラーニングでは、私と佐々木の2人で仕事をしています。

 

もし、一緒に働く人が増えてきて、以下の様な人たちがいたら・・・

・幼い子供がいて育児と家事が大変な方

・要介護者や病気の方が家族にいる方

・家族との時間を大切にしたい方

 

仕事と家族の両立はもちろん。

相乗効果が出るような働き方ができる職場にしていきたい。

職場に限らず、直接、その様な人たちへの支援もできたらと思っています。

 

「六方拝」的に言えば、そんな今の自分があるのは、チーム医療時代の経験。

そして、お世話になった人たちのおかげです。

例の本にはこんなことも書いてありました。

「感謝にあわせて、どう恩返しをするのか?」

今、チーム医療では以下のキャンペーンを行っています。

恩返しの1つかなと思い紹介させてもらいます。

 

 

コロナウイルスと闘う医療従事者へ支援を!お家でセミナー DVD特別セットキャンペーン

Posted in
佐々木 啓

佐々木 啓

・公認心理師 ・ICNLP認定NLPトレーナー ・ICC認定国際コーチ/同認定国際チームコーチ/同認定国際ライフコーチ ・BCBファシリーテータ ・北区堀船カンフークラブ 主宰 ■略歴 1974年 東京に生まれる 1998年 (株)チーム医療入社 現在に至るまで膨大な学びの時間を研修会場にて過ごす 2008年 Abe Wagner & Associates認定BCBファシリーテータ資格取得(米国) 2010年 The Santa Fe Institute of NLP and Developmental Psychology認定 NLPトレーナー資格取得(米国) 2011年 ICNLP(International Community of NLP)認定NLPトレーナー資格取得(英国) 2012年 柳生心眼流兵術 中極印可取得 2014年 自ら我が子に実践してきた「心理療法を応用した子供への関わり方」をテーマに個人的に講演を始める 2015年 ICC(International Coaching Community)認定国際コーチ資格取得(英国) 2016年 北区堀船カンフークラブ設立 2019年 公認心理師資格取得