右上に動いたぞ! 勾留だ!

佐々木啓

もう一度言う。

目の動きだけで嘘をついているかどうかなど分からない。

 

しかし、「目の動きで嘘が分かる」というアイ・アクセシング・キューの神話をうのみにすると、もしくは神話をうのみにしたトレーナーから教わると、とんでもないことが起きる。

 

オコナーさんから聞いた話だ。

 

ある英国の警察署がNLPを導入したことがあったという。

理由はもちろん「容疑者の目の動きで嘘を言っているかどうか分かるから」。嗚呼。

 

被疑者を取り調べるとき、当然目の動きに注目しただろう。

「いついつの何時ごろ、どこで何をしていた」

被疑者の目が瞬間的に動く。

 

あなたは昨日何をしていたか思い出すとき、目がどちらに動くだろうか。

明日何をしているだろうかと想像するとき、目がどちらに動くだろうか。

 

「知っていること、体験したことを思い出すときは左側に、

知らないこと、未体験なことを想像するときは右側に動く」

NLPではそのようなガイドラインを元に人を観察する。なぜだか分からないが人という生物にはそういう傾向があるようだ。

 

「その日は一日家にいたなあ」

被疑者の目がまず左上に動いた。本当のことを言っているな。

 

「その日は○○に会って、食事をしていた」

お、目が右上に動いたぞ。想像したことをしゃべっている。つまり嘘をついている! 勾留だ!

こんな乱暴なことをしていたのだろうか。

 

さてここにアイ・アクセシング・キューのガイドラインがもう一つある。

「左利きの人はパターンが左右反転していることがある」

 

左利きの人が何かを思い出すときは視線が右側に、何かを想像するときは視線が左側に。つまり右利きの人と視線が動くパターンが反転していることがあるというのだ。

これは私自身経験したことがある。

 

「目が右上に動いたぞ。嘘をついている!」

 

そんな根拠で取り調べを行っていた期間と、NLPを導入する前の期間でその効果のほどを調査してみたという。するとNLPを導入してから明らかに優位差がある項目が表れた。

 

それは勾留者中の左利きの割合の増大。

 

「その日はどこにも出かけてない」左利きの人は記憶を探りながら右上を見上げる。

目が右上に! 嘘をついている! 勾留!

 

いや笑えない。

その警察署の後日談は聞いていないが、捜査方針が通常に戻っていることを祈ろう。

 

 

NLPを神経科学でアップグレードする

~NLP and Neuroscience~

開催:2018年4月28日(土)~5月3日(木祝)の6日間

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)

講師:ジョセフ・オコナー(Joseph O’Connor)

通訳:小林 展子 Ph.D.

 

※2017年11月30日(木)までにお申込みいただいた方は

2018年5月4日(金祝)開催

「欺瞞 見抜き方と対処法~ポール・エクマンの研究とNLPによる「嘘」の洞察~」にご招待します。

Posted in ,
佐々木 啓

佐々木 啓

・ICNLP認定NLPトレーナー ・ICC認定国際コーチ/同認定国際チームコーチ ・BCBファシリーテータ ・株式会社チーム医療ラーニング 所属 ・北区堀船カンフークラブ 主宰 ■略歴 1974年 東京に生まれる 1993年 師について武術の修業を開始(現 天龍武術会所属) 1998年 (株)チーム医療入社 現在に至るまで膨大な学びの時間を研修会場にて過ごす 2007年 柳生心眼流兵術 表印可取得 2008年 Abe Wagner & Associates認定BCBファシリーテータ資格取得(米国) 2010年 The Santa Fe Institute of NLP and Developmental Psychology認定 NLPトレーナー資格取得(米国) 2011年 ICNLP(International Community of NLP)認定NLPトレーナー資格取得(英国) 2012年 柳生心眼流兵術 中極印可取得 2014年 自ら我が子に実践してきた「心理療法を応用した子供への関わり方」をテーマに個人的に講演を始める 2015年 ICC(International Coaching Community)認定国際コーチ資格取得(英国) 2016年 北区堀船カンフークラブ設立

コメントを残す