Lambent 認定 ジョセフ・オコナー氏直接指導

NLPを神経科学でアップグレードする

~NLP and Neuroscience~

<全6日間コース>

  • 2018年4月28日(土)~5月3日(木祝)の6日間
  • 初日10:00~17:00
  • 2日目以降9:30~17:00/
  • 最終日9:30~15:00頃終了予定
hayawari_icon_b

2018年2月28日(水)まで

rinsyoushinrishi_icon_b
menkyo_icon_b

こんな方におススメ!

  • osusume_checklist
    トレーニングのタイトルだけで知的好奇心が刺激されてたまらないあなた
  • osusume_checklist
    脳の機能を理解して、さらにNLPを効果的に活用したいあなた
  • osusume_checklist
    自分の思考、感情、決断と神経科学がどう関わっているか知りたいあなた
  • osusume_checklist
    なぜNLPは機能するのか、自分のレクチャーに神経科学の裏付けが欲しいあなた
  • osusume_checklist
    あのジョセフ・オコナー氏のトレーニングを受けてみたいあなた

セミナーのポイント

  • point_list
    NLP誕生以来急速に発展し続けてきた「神経科学」。その最新の知見を持ってジョセフ・オコナー氏がNLPをアップグレードします。10月、オコナー氏は神経科学をコーチングに応用した書籍『Coaching the Brain: Practical Applications of Neuroscience to Coaching』を出版しました。
  • point_list
    適格なアウトカム、表象システム、ミルトンモデル、決断の戦略など、古典的なNLPテクニックを神経科学的観点から捉え直し、あなたのNLPをアップグレードします。さらに、最新の神経科学の知見から、NLPを活用するあなたの思考、感情、行動、記憶、言語、習慣などがどのように形成されるかを探究します。

システム・パズル ~ マニュアルから一部抜粋・要約しました

baseball-ball-1481809_640

1.バットとボールを一緒に買うと1ドル10セントです。バットはボールより1ドル高いです。ボールはいくらですか?

euro-1423090_640

3.あなたには50ドルが与えられ、以下の二つのどちらかのアクションを選ばねばなりません。

a)30ドルのみ保持する。

b)コイントスをして、表なら50ドルすべてを失い、裏なら50ドルすべてを保持する。

ace-2647558_1280

4.テーブルの上にトランプが3枚伏せてあります。以下のことは真実だと知っています。

・クイーンの左にはジャックがある

・スペードの左にはダイアモンドがある

・ハートの右にはキングがある

・キングの右にはスペードがある

正しく並べてください。

AK58

5.このように4枚のカードがあります。各カードは片面が文字でもう片面が数字です。二枚は文字側が上、もう二枚は数字側が上に置かれています。

カードのルールは「文字が母音だった場合、裏面は偶数である」です。

このルールが真か偽か調べるために、どのカードを裏返す必要がありますか?

・・・これらパズルと神経科学にどんな関連があるのか? 続きはトレーニングで!

NLPと神経科学の組み合わせを探究していきましょう ~ ジョセフ・オコナー氏からのメッセージ

ジョセフ・オコナー氏

のコースは神経科学の最新の発見を使って、
あなたのNLPワークと理解をアップグレードし、高め、そして改善するためのものです。
 
神経科学は大変早急に発達し、脳がどのように機能するかについて
私たちは以前よりずっと多くのことを知るようになりました。
 
このコースでは、脳の何が、どのように機能するかを知り、
NLPと神経科学を組み合わせた新しいテクニックを学びます。
 
たちはメタ・モデル、ミルトン・モデル、表象システム、そしてタイムラインなどの
古典的NLPパターンを神経科学の視点を通して見ていきます。
 
NLPは主観的体験の構造の研究です。神経科学は心の生物学です。
それらがどのように組み合わせられるか、このコースで探究していきましょう。
 
ICNLP会長 ジョセフ・オコナー

NLPと神経科学に関心があるならどなたでも ~ 担当佐々木からのメッセージ


「NLPが誕生した頃、私たちは脳や神経について限られた情報しか持っていなかった。

それから約40年、神経科学の目覚ましい発達によって脳や神経の機能が明らかになってきた今、

神経科学の知見に基づいてNLPをアップグレードすることも可能だと思う」

今年5月、ジョセフ・オコナー氏とランチしながら来年の研修について相談していた時のこと。

確かに、一般にも知られるようになった神経科学の重要な発見はこの20年間に集中している。

共感や学習と関系していそうな「ミラーニューロン」の発見は1990年代。

直観や決断と関系していそうな「ソマティック・マーカー仮説」も1990年代。

知覚や無意識のリソースと関係していそうな「脳のデフォルト・モード・ネットワーク」は2000年代の発見だ。

共感、学習、直観、決断、知覚、無意識のリソース。これだけ取ってみてもすべてNLPで扱うトピックだし、他にも記憶、言語、非言語的メッセージ、感情、思考などなど明らかになったシステムはゴマンとある。

それら最新の神経科学の知見をNLPのパターンと組み合わせ、新しいテクニックを探求する――オコナーさん曰く「アップグレード」しようというのだ。

そう言えばオコナーさん、最近ずっと神経科学を勉強していて、今年「コーチングと脳」についての本を出版するって言ってたな・・・!

「オコナーさん、それ、来年、やりましょう!」

そういうことになりました。

このように、オコナーさんと私たちチーム医療ラーニングとの間には、ざっくばらんに話し合える信頼関係と、2008年以来のトレーニング開催に関する連携があります。

また、そのすべてで通訳を務める小林展子先生(ICNLP認定NLPマスタートレーナー/ICC認定コーチトレーナー)とオコナーさんとの息もぴったりです。

この6日間コースはNLPと神経科学に関心のある方どなたでも参加できます。
すべてエクササイズ、体験を通して学び、修了者にはオコナーさんの会社Lambentから認定証が発行されます。

さて、2018年はどのような楽しく新しい学びが待っているのでしょう?
ちなみに言語モデルが大好きな私は「言語とメタ・モデル」が期待大! です。

担当 佐々木

トレーナー/通訳

ジョセフ・オコナー(Joseph O’Connor)
 ICNLP(International Community of NLP)会長
 ICC(International Coaching Community)会長

 

オコナー氏と

 

小林 展子 Ph.D.(こばやし のぶこ)
 ICNLP認定NLPマスタートレーナー
 ICC認定コーチトレーナー
  同認定チームコーチトレーナー
  同認定ライフコーチトレーナー
 ポンティキュラス心理研究所代表
 心理学博士、臨床心理士

日時

  • 2018年4月28日(土)~5月3日(木祝)の6日間

    初日      10:00~17:00
    二日目以降  9:30~17:00
    最終日     9:30~15:00頃終了予定

プログラム

【1日目】4月28日(土)

1.「神経科学と脳」入門
~ それがなぜNLPにとって重要なのか
2.脳はどのように機能するのか?
3.ゴールと前頭前皮質
4.神経科学が
認知とゴールについて教えてくれること
5.ゴール志向の行動が脳でどのように整理される
か、そしてどのようにNLPに使えるか
6.神経科学による新しい「適格なゴールの条件」
7.パターン探知機としての脳
8.NLPの基本としてのパターン発見
9.表象システムと神経科学

【2日目】4月29日(日)

1.感情と認知
  ~ ホット・システムとコールド・システム
2.システム1とシステム2
  ~ 速い思考と遅い思考
3.システム1:私たちのあてにならない考え
  ~ 思考スキルを改善する
4.システム2
  ~ 反射的思考スキルをどのように使うか
5.非注意性盲目
6.マインドフルネス、神経科学、そしてNLP
7.創造性の神経科学

【3日目】4月30日(月祝)

1.脳とトランス
2.神経科学がトランスについて教えてくれること
3.ミルトン・モデルの神経科学
4.記憶について
5.短期記憶、長期記憶、そしてワーキングメモリー
6.自分の記憶を改善し、
  他者が記憶を改善するのを助ける
7.記憶と個人のタイムライン
8.イン・タイムとスルー・タイム
  ~ 経験的自己と歴史的自己

【4日目】5月1日(火)

1.価値観と感情
2.感情と脳
3.感情とソマティック・マーキング
4.扁桃体ハイジャック
5.感情調整戦略
6.感情的知性(EI)、神経科学、
  そしてNLPを一緒にする
7.ニュー・ビヘイビア・ジェネレーターの神経科学

【5日目】5月2日(水)

1.脳はどのように言語と関わるか
2.言語とメタ・モデル
3.ゴール、報酬、そして習慣
4.ドーパミン、期待と動機
5.脳の中で習慣がどのように形成され変化するか
6.神経の柔軟性 ~ 脳が行動や思考によって
  どのように変化するか
7.習慣の形成、変化、そして変容
8.決断の戦略と神経科学

【6日目】5月3日(木祝)

1.ラポール、関係、そして共感
2.共感的で信頼できる会話の神経科学
3.ミラー・ニューロン・システム
4.アイデンティティについて
5.私たちの多くの“自己”、NLPパターン、
  そして脳のモジュール
6.脳のデフォルト・ネットワーク
7.自己欺瞞
8.NLPを神経科学でアップグレードする

<マニュアルの目次とパワーポイントの一部>

1.神経科学とNLP

2.NLPとは何か

3.神経科学とは何か

4.神経科学と表象システム

5.神経の可塑性(柔軟性)

6.思考と決断の二つのシステム

7.システム1-ファクターその1

8.システム1-フレーミング、プライミング、アンカリング

9.システムパズル

10.感情

11.トロリー・ジレンマ

12.左右の前頭前皮質

13.感情の調整

14.記憶

15.言語

16.グライスの協調原理

17.報酬

18.マインドと共感の理論

神経科学とは何か
神経科学とは何か
決断
決断
記憶
記憶
言語
言語

認定について

全6日間受講した方には、オコナー氏の会社Lambentから認定証が発行されます。

会 場

国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 5F503(初日)

〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1 TEL.03-3469-2525(代表)

お申込みについて

参加費 【予約前納制】

早期割引 35,640円引き

320,760円 (税込)

  • 2018年2月28日(水)まで

通常

356,400円 (税込)

特別割引 53,460円引き

302,940円 (税込)

  • ICC認定国際コーチ/ICNLP認定NLPプラクティショナー以上/サンタフェNLP認定NLPプラクティショナー以上/その他団体のNLPプラクティショナー以上の方対象

参加条件

本トレーニングはどなたでもご参加いただけます。
※NLPをご存じでない方は、このトレーニングから多くを得るために、NLPの基本的なコンセプトをセミナーや書籍で事前に学ばれることをお勧めします。

お申込みの流れ

お手続き

★ページ下部の【カートに入れる】ボタンをクリックしてお申込みください。

★お申込はお席がある限り直前まで承ります。

★お申込の受付は定員になり次第終了いたしますが、その後は「キャンセル待ち」を承ります。

受付完了メール

★自動返信にて、受付メールをお送りいたします。

★その後、クレジットカード決済もしくは銀行へのご入金を確認次第、改めて受付完了メール、デジタルチケット(受講証)メールをお送りいたします。

★郵送物はございません。

セミナー当日

★会場受付にてお名前をお申し出ください。

★メールにてお送りするデジタルチケットは保管用のため、印刷または会場での提示の必要はございません。

キャンセル 締め切り

ご入金後にキャンセルされる場合、2018年4月18日(水)までに必ずご連絡をお願いします。
返金手数料【本体 1,000円+消費税】を差し引き残金をご返金します。
この期日を過ぎた場合は、ご参加費のご返金は致しかねますので、代理の方のご出席をお願いいたします。

お支払い方法

セミナーはクレジットカード決済または銀行振込となっております。

【クレジットカード決済】

【銀行振込】

指定の口座までお振込みください。
(お申し込み時の自動返信メールでも振込先口座をご案内いたします)

りそな銀行 大塚出張所(店番313)
口座番号:(普通)1344812
口座名義:株式会社チーム医療ラーニング

※銀行振込手数料は各自ご負担下さい。

お願い

・セミナー会場での録音やデジタルカメラ・ビデオカメラなどでの撮影はお断りします。
・コース中はノートパソコンなどデジタル機器への入力をご遠慮ください。

「株式会社チーム医療」の心理療法・コミュニケーション関連の事業は、100%子会社である「株式会社チーム医療ラーニング」を通じて提供して参ります。

平成29年7月以降のセミナー・DVD教材などのご利用は、改めて「株式会社チーム医療ラーニング」の「マイアカウント」をご登録のうえ、お申込みください。