TEL 03-3945-1933 10:00~16:00(祝祭日除く)

「最適な動き」でお願いします

佐々木啓

あなたの目の前の何かを手に取って欲しい(前にもこんなこと書いたな……)。

 

取りました? じゃあ元に戻して。

 

またそれを手に取って欲しいんだけど、

今度は「最適な動き」でお願いします。

 

 

 

 

 

もしあなたが私のお願いをマジメに実行しようとしたなら、

今あなたのアタマの中でうごめいているのがセルフ1である。

 

最適な? 言葉通りの意味か? まずどうする? どこから動かす? 考えろ!

セルフ1の言葉が聴こえるかのようだ。

 

初めに目の前の何かを手に取った時のあなたの動き。実はそれがその「何か」を取るための「最適な動き」である。

それを実行したのがセルフ2である。

 

寝床から起き上がる時に「まずは上半身を起こして肘を突き・・・」などと考える人はいない。人は目的に向かって最適な動きを取るようにできている。生物だから。

 

自分の邪魔をするのは自分。自分の一番のライバルは自分。

マスターヨーダも克服すべきは恐れや怒りなどの「自分のフォースの暗黒面」であると。

ユング風に影と言ってもいいかもしれない。

 

そのように、プレーヤーの心に焦点を当てたコーチングを始めた最初期の人がティモシー・ガルウェイさん。テニスのプロトレーナーである。コーチングの歴史をひもとけばその名に出くわすことになる。

 

当然、ICCのマニュアルにも言及がある。抜粋してみよう

「……コーチングがこのように広く受け入れられるようになったのはティモシー・ガルウェイの影響力のある本に原因があると思われます。

 

『The Inner game of Tennis』(邦題『インナーゲーム』)は1970年代中頃出版されました。ティモシー・ガルウェイはテニスコーチでしたが、彼はスポーツコーチングから習得した考えを更に広げ応用したので、それらのアイデアは他の分野にも汎用性を持つものになったのです。

 

彼はスポーツコーチングのベストの側面を保ちました。それは、人が最高のパフォーマンスを達成するのを批判ぬきでサポートするという方法でした……」

 

さらに引用する。

 

「……本当の敵はあなたの競争相手ではなく、あなた自身の限界であり弱さなのだということです。インナーゲームはあなたが最高のパフォーマンスを達成するのを禁じているあなた自身の心の習慣を克服するために使われるのです……」

 

そうなのだ。インナーゲームはあなたが最高のパフォーマンスを達成するための、そして他者から最高のパフォーマンスを引き出すための理論的土台となる。

 

それは今までに書いてきた「クライエントを制限する信念」や、

これから書くであろう「コーチの直観を妨げる3つの敵」というアイデアにつながる。

 

オコナーさん曰く、

 

「今、世界には色々なコーチングの学派があります。例えば行動コーチングであったり、存在論的コーチングであったり。そしてNLPコーチングもその一つです。

 

それらを含めた6つの主なコーチングモデルを統合して、様々なよいものを教えたいと思います。」

 

というわけで、ICCコーチングにはインナーゲーム理論も統合してあるのだ。

 

今回の私の結論。

 

【直観こそまさにセルフ2。クライエントの言語/非言語を描写するのではなく、観察から浮かび上がる道筋をコーチは信頼していいかもしれない。】

佐々木 啓

佐々木 啓

・ICNLP認定NLPトレーナー ・ICC認定国際コーチ/同認定国際チームコーチ ・BCBファシリーテータ ・株式会社チーム医療ラーニング 所属 ・北区堀船カンフークラブ 主宰 ■略歴 1974年 東京に生まれる 1993年 師について武術の修業を開始(現 天龍武術会所属) 1998年 (株)チーム医療入社 現在に至るまで膨大な学びの時間を研修会場にて過ごす 2007年 柳生心眼流兵術 表印可取得 2008年 Abe Wagner & Associates認定BCBファシリーテータ資格取得(米国) 2010年 The Santa Fe Institute of NLP and Developmental Psychology認定 NLPトレーナー資格取得(米国) 2011年 ICNLP(International Community of NLP)認定NLPトレーナー資格取得(英国) 2012年 柳生心眼流兵術 中極印可取得 2014年 自ら我が子に実践してきた「心理療法を応用した子供への関わり方」をテーマに個人的に講演を始める 2015年 ICC(International Coaching Community)認定国際コーチ資格取得(英国) 2016年 北区堀船カンフークラブ設立

コメントを残す