TEL 03-3945-1933 10:00~16:00(祝祭日除く)

2018年9月10日(月)まで 予約特価で受付中!

キーワードは「違い」と「不一致」 言語的/非言語的手がかりから、クライエント本人も意識していない「ごまかし=欺瞞」に迫る DVD欺瞞の見破り方~ポール・エクマンの研究による「嘘」の洞察~

なぜ欺瞞を見破る必要があるのか~プロフェッショナルの観点から

私たちは、特に訓練を受けたわけでもないのに「この人は嘘をついている」となんとなく感じる能力を持っています。

コーチやセラピストに対して、クライエントがあからさまな嘘をつくということはあまりないと思いますが、あなたも

smartphone-1790835_640

クライエントが語っているのは「本当のことではない」という直観を持ったことがあるのではないでしょうか。

 

クライエントは嘘をついている、というのは言い過ぎかもしれません。ただし、そこには何らかのごまかし=「欺瞞」がある、と言ってもいいでしょう。

そして、欺瞞にも「その質問には正直に答えたくない」「本心を明かしたくない」という意識的なものと、クライエント自身も自分で自分をごまかしていることに気づいていない無意識的なものがあります。

 

ただ、意識的なものであれ無意識的なものであれ、欺瞞には必ず意図があります。コーチングやカウンセリングの場で本心を隠すほどのことです。その意図は当然クライエントの大切なものを守っています。

あなたがそこに欺瞞があると気づくだけでもセッションの役に立ちますし、焦点を当てることができるならクライエントにとっては大きな気づきと成長のチャンスです。

 

私たちは「この人は嘘をついている」となんとなく感じる能力を持っています。

ですが、プロフェッショナルとして根拠が「なんとなく」では頼りない。

では

magnifying-2681372_640

それ以上の精度でクライエントの欺瞞に気づくには、あなたは何を手がかりにすればいいのでしょうか。

クライエントの真実の姿、本心と関わるために~このDVDの目的

キーワードは「違い」「不一致」です。

gimandvd15

「違い」とは普段の様子との違いです。

 

クライエントの普段の様子を理解した上で、そこからどのくらい離れているかに気づくことがカギとなります。

例えば、人が嘘をつくときは認知的に何かを創り上げる必要があるので、普段と言語パターンが変わります。また、嘘をつくという行為は特定の感情的状態、特に「恐れ」を引き出します。「嘘がばれたらどうしよう」と思っているからです。

gimandvd13

「不一致」とは二つのメッセージの不一致です。

 

クライエントの物語る話の内容とボディランゲージ、顔の表情と表している感情などが一致していない時、そこには何かがある可能性があります。

例えば、人は感情を感じると0.2秒で表情に現れます。どんなに取り繕おうとしてもそれはコントロールできません。もしあなたが感情と表情の関係を理解していたら、質問によってその不一致にチャレンジすることができます。それはクライエントの制限を明らかにして、それを取り払うことにつながるかもしれません。

 

 

このDVDで学べるのは、そのような欺瞞についての理論や、一貫性や自発性などの言語的な判断基準、表情やボディランゲージなどの非言語的な判断基準です。

あなたがクライエントの真実の姿、本心と関わりたいコーチ、セラピスト、カウンセラー、対人援助者なら、それに近づく助けになってくれるでしょう。

 

チーム医療ラーニング 佐々木

あなたがこのDVDで学ぶと・・・

  • osusume_checklist
    クライエント自身も気づいていない感情に気づけます
  • osusume_checklist
    クライエントの真実の姿、本心に対してアプローチできます
  • osusume_checklist
    CBCAやマイクロ表現といった、特殊な観点からクライエントの話が聴けます
  • osusume_checklist
    欺瞞に気づくことで、それを受け入れるかどうかの選択肢が持てます
  • osusume_checklist
    悪意ある嘘から自分や大切な人を守れます

DVDの見どころ

【普段の様子との違い

ある発言が真実か否かを判断するというシーンにおいて、一番シリアスなのは「警察、司法の取り調べに対する供述」です。それが信用のおける発言かどうか、専門家にも判断基準があります。

 

それが「基準に基づく内容分析(Criteria Based Content Analysis:CBCA)」です。

 

CBCAは証言の真実性を評価するために世界中で最も広く使用されているツールです。もともとは子供の証言が信用できるかどうかを判断するためにドイツで開発されました。日本の警察や法廷でも使われています。オコナー先生曰く「22のカテゴリーにわかれています」とのこと。

このDVDでは、オコナー先生がその中から最も重要な5つのカテゴリーを取り上げ、各カテゴリーから見た「真実を言っているかどうか」を判定するための質問法を紹介します。

クライエントに向かって質問はしないまでも、あなたに「嘘をついているな」という直観が働いたとき、どのような観点で話を聴けば良いかその基準をお渡しします。

 

 

※DVDを制作するにあたってCBCAの事を調べてみましたが、Google検索でも日本国内ではこれといった結果が出てきませんでした。ウィキペディアにもCBCAに関する記事がありません。その性質上、広く知られてしまうと問題がある情報ということなのでしょうか。そう言う意味でも、CBCAの一端が学べるのは貴重です。

コミュニケーションの5つのチャンネル
コミュニケーションの5つのチャンネル
日本の警察や法廷でも使われるCBCA
日本の警察や法廷でも使われるCBCA

【二つのメッセージの不一致

 

「人類には人種的、文化的、地域的なものをこえて普遍的な感情とそれを表す表情がある」

ポール・エクマン博士
ポール・エクマン博士

感情と表情の研究家として著名なアメリカの心理学者、ポール・エクマン博士(Paul Ekman,Ph.D)はそのように主張します。すなわち怒り、嫌悪、恐れ、喜び、悲しみ、驚き、軽蔑の7種類です。

人はこれらの感情を感じると、コントロールできない一瞬の表情をとります。それがマイクロ表現です。エクマン博士はマイクロ表現から人の本当の感情を読み取るトレーニングを開発しました。このトレーニングは警察官、司法関係者、空港職員、CIA、FBI、DEA(アメリカ麻薬取締局)など「この人が言っているのは本当か嘘か」が重要な意味を持つ環境にある多くの組織に採用されています(アップルやグーグルなども採用しているそうですが、採用担当者がトレーニングを受けているのでしょうか)。

そして、このDVDの指導者ジョセフ・オコナー先生は、コーチング/NLPのトレーナーとして有名ですが、何と世界に100人といないポール・エクマン・インターナショナルの認定トレーナーでもあります。

 

よくある「嘘を見破る系の情報」は、理論や方法の原典が明らかでない、情報発信者の個人的体験に基づくだけ、よくてエクマン博士の理論の子引き孫引き、がほとんどです。そんな中、このDVDでは、エクマン博士直系の7つの情動に対応する表情の特徴と見分け方をお届けします。

 

欺瞞を見破るだけではありません。あなたが感情と表情の関係を学び、マイクロ表現とその後のクライエントの話や気持ちに不一致を見つけた時、あなたはクライエントが口に出せない本心を見つけることになるでしょう。

世界共通の情動と表情
世界共通の情動と表情
とても微妙なマイクロ表現
とても微妙なマイクロ表現

監修・指導

オコナー氏と

ジョセフ・オコナー(Joseph O’Connor)

ポール・エクマン・インターナショナル認定トレーナー
ICNLP(International Community of NLP)会長
ICC(International Coaching Community)会長

 

通訳

小林 展子(こばやしのぶこ)

ICNLP認定NLPマスタートレーナー
ポンティキュラス心理研究所代表
心理学博士、臨床心理士

主な内容

欺瞞の見破り方 ~ポール・エクマンの研究による「嘘」の洞察~
価格 19,440円(税込)
仕様 ディスク枚数︰1
時間 124分
発売日 2018年9月
JANコード 4589429710104

1.嘘を見破れるのは55%

私たちは一日に何回も嘘をつく / 嘘についての一般的情報 / 嘘を見破るのが上手いグループ

つまり「ピノキオの鼻」はないということ
つまり「ピノキオの鼻」はないということ

2.エクササイズ1:真実と嘘

あなたにとって真実とは、そして嘘とは / ポール・エクマンによる真実と嘘の定義 / なぜ嘘を見破るのは難しいのか

3.嘘についての神話

特定の目の動きは嘘を示す? / 顔によく触るのは嘘を示す? / 目を合わせないのは嘘を示す?

世に広まる嘘についての誤った常識
世に広まる嘘についての誤った常識

4.エクササイズ2:嘘についての信念

嘘の背後にある価値 / あなたにとって嘘をついてもいい時は? 嘘をついた方がいい時は?

5.言語による判断

コミュニケーションの5つの伝達チャンネル / 基準に基づく内容分析(CBCA) / CBCAに基づく役に立つ質問

6.ボディ・ランゲージによる判断

ボディ・ランゲージの3つの異なったタイプ

ボディランゲージには意味のあるものとないものがある
ボディランゲージには意味のあるものとないものがある

7.表情による判断1:世界共通の7つの表情

情動とは何か / 情動の機能と特徴 / 7つの情動は世界共通の表情を持つ

オコナーさんは「偽の幸せ」の表情の見本
オコナーさんは「偽の幸せ」の表情の見本

8.表情による判断2:マイクロ表現

0.5秒未満の情動の表現(マイクロ表現) / マイクロ表現はコントロールできない / 嘘をついている人に見られるマイクロ表現 / 話の内容と表情がマッチしているか / 有名人の写真を見ながら検討

9.判断のための黄金律

嘘を見破るための黄金律3つ / 「物語の形」の違い

10.エクササイズ3:真実と嘘を判断する

体験の分かち合い
体験の分かち合い

※この製品は2018年5月に開催したチーム医療ラーニング主催『欺瞞 見抜き方と対処法~ポール・エクマンの研究とNLPによる「嘘」の洞察~』を収録・編集し、DVD化したものです。

通常価格

19,440円 (税込)

予約特価 10%オフ!

17,496円 (税込)

  • 2018年9月10日(月)まで

お申込みについて

ご注文方法

ページ下部の【カートに入れる】ボタンをクリックしてお申込みください。

お支払い方法

「クレジットカード決済」または「銀行振込」がご利用いただけます。

【クレジットカード決済】

【銀行振込】

指定の口座までお振込みください。
(お申し込み時の自動返信メールでも振込先口座をご案内いたします)

りそな銀行 大塚出張所(店番313)
口座番号:(普通)1344812
口座名義:株式会社チーム医療ラーニング

※銀行振込手数料は各自ご負担下さい。

完成予定

2018年9月上旬を予定しています。

お届けに関して

商品が完成しましたら、

クレジットカード決済の場合:順次発送します。
銀行振込の場合:ご入金が確認でき次第順次発送します。

2018年9月10日(月)まで 予約特価で受付中!

¥19,440 (税込)