お知らせ

ただいまWEBサイトのメンテナンスでお買い物カゴを閉じています。

販売再開は11月1日(月)を予定しています。

ご迷惑をおかけしますが少々お待ちください。

kanban

30%オフでのご提供

伝える看板1

時代と共に変化してきたアサーション<自己表現>の意味

私たちの誰もが気持ちのよいコミュニケーションをして、よりよい人間関係をもちたいと望んでいます。あなたにとって「気持ちのよいコミュニケーション」「よりよい人間関係」とはどのようなイメージでしょうか。

 

自分の気持ちをわかりやすく伝えることですか?

相手の気持ちをきちんと聴くことですか?

言いにくいことを率直に、相手のことを思いやりながら話すことですか?

 

どれも大切なことですね。でも「それがなかなかできない」「できるようになるにはどうすればいいのか」と悩んでいる方も少なくないでしょう。

その悩みの解決法がアサーション<自己表現>です。アサーションは自分も相手も大切にする自己表現の考え方であり、その具体的方法論でもあります。

平木先生の集大成 完全オリジナル・最新のトレーニングで学ぶ「伝える編」

さて、コミュニケーションとは人と人との間で行われるプロセスです。そこには様々なものが影響を与えますが、時代や社会の流れもその一つです。アサーションを30年以上伝えてきた日本における第一人者・平木典子先生はそれをひしひしと感じています。

 

時代や社会の流れは当然アサーションにも影響を与えます。

現代におけるアサーションの意味とは何か

アサーションがどのような領域でより役に立つか

アサーションのどのような点が強調される必要があるか

 

このようなことを考えながら、平木先生は説明の重点の置きかたやトレーニングの仕方を変化させて来たそうです。

基本もしっかり押さえます

そんな平木先生がチーム医療ラーニングのためにプログラムしてくれたのが、この「完全オリジナル、最新アサーション<自己表現>トレーニング」です。

 

この「自分の気持ちをわかりやすく伝える編」では、現代におけるアサーションの意味から話が始まります。うまくものが言えない人を助ける方法から、コミュニケーション全体を支えるような考え方と技法に。すでによく知られているアサーションの考え方を押さえながらも、平木先生の知見も加えた<時代に沿った伝えるという意味>を、たくさんの実習を交えてお届けします。

 

アサーションを学ぶなら第一人者から。DVDに込められた平木先生の想いをぜひ受け取ってください。

チーム医療ラーニング 川辺

言語上のアサーションの二領域

自他尊重のコミュニケーションとそうでないコミュニケーション ~アサーションとは

「アサーション」は、コミュニケーション・スタイルの一つである。その意味は「自他尊重の自己表現」、あるいは「自分と他者の人権を侵すことなく、自己表現すること」である。自他尊重のコミュニケーションとは、自分の思いを大切にして「伝える」と同時に、相手の思いを大切にして「聴く」ことで成り立つ。

 

(中略)アサーションは、自分の考えや気持ちを正直に、率直に伝えると同時に、相手の思いも大切にして応答しようとする相互尊重のスタイルであり、そうでないスタイルは自分や相手を大切にしないような自己表現である。たとえば、言いたいことを言わなかったり言えなかったりすると、自分の思いが相手に伝わらないだけでなく、自分の考えや気持ちを知らせていないことになって、相手から無視、軽視されやすい。

 

(中略)これとは逆に、相手を抑えて、自分を通す攻撃的スタイルもある。これは、自分が言いたいことだけを言って、相手の言い分を聴かない、あるいは自分の主張を押し通して相手を自分の思い通りに動かそうとするスタイルである。

 

(中略)無意識のうちに流れていく私たちのコミュニケーションをこの三つのスタイルに大きく分けて説明してくれたのは、心理療法の中でアサーション・トレーニングを開発したJ・ウォルピである。彼の主張は、人はこれらのコミュニケーション・スタイルを知らず知らずのうちに身につけていくので、アサーションとそうでない自己表現の違いを認識して、意識的なコミュニケーションをする必要があるということだ。とりわけ非主張的スタイルと攻撃的スタイルは、自分あるいは他社の人権を侵すコミュニケーションであることに注目し、自他尊重のアサーティヴなスタイルを学習するためのトレーニングが必要であることも強調した。

 

平木典子 著『アサーションの心』、朝日新聞出版局、2015年

チャプター1「アサーション<自己表現>トレーニングの背景」冒頭10分を公開

さらに内容をご覧になりたい場合は……

監修・指導

平木典子先生講演風景

平木 典子(ひらきのりこ)

統合的心理療法研究所(IPI)顧問
日本産業カウンセリング学会常任理事

■略歴

1964年、米国・ミネソタ大学大学院修士課程(カウンセリング心理学)卒業後、

1979年~80年にかけて、米国・ミネソタ大学、サンフランシスコ州立大学で家族療法、アサーショントレーニングの訓練を受ける。

以降、臨床と人間関係促進のトレーニングに従事。立教大学のカウンセラー、教授として多くの相談と指導にあたり、日本女子大学教授、跡見学園女子大学教授、東京福祉大学大学院教授を歴任する。

1991年より、統合的心理療法研究所(IPI)を主宰して、心理療法の理論・技法の統合を追求し、統合を志向する臨床科との相互交流・研究活動を推進。自己の潜在能力の発現を志向した「関係療法」中心の臨床と研究・教育にエネルギーを注いでいる。

主な内容

平木典子直伝 アサーション<自己表現>トレーニング シリーズ~自分の気持ちをわかりやすく伝える編~
仕様 ディスク枚数︰2
時間 Disc1:148分
Disc2:150分
発売日 2018年8月
JANコード 4589429710074

Disc 1

1.アサーション<自己表現>トレーニングの背景
2.アサーション<自己表現>トレーニングの領域
3.アサーションとは
4.演習1:アサーションの区別
5.演習2:アサーション・チェックリスト
6.アサーションする権利の理解と確認
7.演習3:基本的アサーション権

基本もしっかり押さえます
基本もしっかり押さえます

Disc 2

1.演習4:ものの見方とアサーション
2.言語上のアサーション 人間関係づくり
3.演習5:人間関係づくり
4.言語上のアサーション 課題達成
5.演習6:DESCのせりふづくり
6.非言語的コミュニケーション

言語上のアサーションの二領域
言語上のアサーションの二領域
  • ※この製品は2017年9月、10月、11月に開催したチーム医療ラーニング主催『第一人者・平木先生直伝!今のアサーションへの思いを込めた集大成!』を収録・編集し、DVD化したものです。

価格

39,600円 (税込)

kanban

30%オフでのご提供

特別価格

27,720円 (税込)

例えば 『アサーション<自己表現>トレーニングシリーズ』まとめ買いで 8,316円お得!

お申込みについて

ご注文方法

ページ下部の【カートに入れる】ボタンをクリックしてお申込みください。

お支払い方法

「クレジットカード決済」または「銀行振込」がご利用いただけます。

【クレジットカード決済】

【銀行振込】

指定の口座までお振込みください。
(お申し込み時の自動返信メールでも振込先口座をご案内いたします)

住信SBIネット銀行 法人第一支店(店番106)
口座番号:(普通)1523910
口座名義:株式会社チーム医療ラーニング

※銀行振込手数料は各自ご負担下さい。

領収書の発行に関して

ご入金済みの商品は、お客様ご自身で領収書を発行することができます。詳しくは>こちら<をご覧ください。

教材の利用条件(閲覧範囲)に関して

本教材は個人でのご利用に限ります。

図書館における館内視聴ブースでの個人視聴……可
図書館における個人利用者への館外貸し出し……可
複数人数での上映会……不可
教育機関での授業教材としての利用……不可

複数人数での閲覧をご希望の場合は>こちら<をご覧ください。

お届けに関して

・送料は無料です。

・クレジットカードによるお支払いの場合、ご注文確認後の翌営業日以降の発送となります。

・銀行振込によるお支払いの場合、ご入金確認後(前払い)の翌営業日以降の発送となります。

・発送方法

1.一取引のDVDの枚数が1~2枚の場合は、対面による手渡し配達とポストへの配達が選べます。
 ポストへの配達を希望される場合は、カートにチェックを入れてください。

2.一取引のDVDの枚数が3枚以上の場合は、対面による手渡し配達です。

・お届け日は、お届け地域と距離、気象状況、交通事情、その他事情等によって異なります。

*営業日:月・火・水・金曜日(祝日・休業日を除く)

書店、取次店を通してのご購入はできません。ご了承ください。

¥27,720 (税込)

在庫切れ