TEL 03-3945-1933 10:00~16:00(木・土・日・祝日除く)
mBKiH3PMv83KOvb1588061070_1588061180

登録カウンセラーのプロフィール

女1

男性受付可

女性受付可

ビデオ通話 or 音声通話

さわだますみ

▽コロナ前の段階で、普段やっている活動(仕事)、過去にやってきた活動(仕事)は?

カウンセリングを学び始めてから、延べ1.000人を超える方のお話を伺っています。人間関係に関することを聴くことが多いです。
現在は、家庭相談員としてお父さんお母さんたちのお話を聞いています。ちょっとしたことでイライラし、いけないとわかっていても子どもに八つ当たりをしてまう。感情をコントロールできなくて手が出てしまう。怒っている自分の声を聞いて益々ヒートアップしてしまう。そんな親御さんたちの気持ちに寄り添いながら、子どもたちが安心・安全に暮らせるよう、毎日頑張っています。

 

▽心理やカウンセリングに関りをもった経緯や理由は?

大切な人が亡くなった時、自分の心が動かなくなりました。別の時には将来のことを考えると呼吸が苦しくなりました。そのような体験から、心ってどういうものなのだろうかという疑問がわきました。
また、過呼吸になったときに診療内科を受診しましたが、自分が欲しているものは薬ではなく、誰かに話を聞いてほしいということに気づいたので、カウンセラーを探したけれど見つかりません。
2つの理由から自分で勉強をしてみようと思い立ち、カウンセリング心理学に出会いました。

 

▽なぜ、今回のコロナ騒動のなかで、無償ボランティアを行おうと思ったのか?

相談員として働いてると、カウンセリングのエッセンスは使ってもカウンセリング自体からは離れています。そのため自分自身の勉強と、今の自分の力量を知るための大きな機会だと思い、応募しました。

 

▽今回のカウンセリングで、クライアントとどんな風に関わっていきたいか?
そして、クライアントにどんなものを提供していきたいか?

時間・機関が短いのため、どれほどのものが提供できるか正直わかりませんが、クライアントの気持ちを受け止め、前に進むエネルギーを蓄えてもらえる時間になるよう努めます。

 

▽その他、自由欄

新型コロナウイルスに対し、誰もが行き場のない不安や恐怖、不満を抱えています。それらの気持ちを適切に表現しなければ、怒りや恨みとして他者を攻撃したり自分自身を傷つけてしまいます。長引くコロナ対策に、私も愚痴や嫌味が出てきます。誰かを傷つけたいわけではない。そう思いながらもつい口をついて出てしまう。そんな気持ちを吐き出す場として、カウンセリングはうってつけです。
しかし、せっかく時間をかけてカウンセリングを受けるのに愚痴だけ言って終わりでは勿体ないです。何かしらの気づき(ギフト)を得てください。ついでにカウンセラーからポジティブ・エネルギーもゲットしちゃいましょう。